ウイルス・公衆浴場・水虫のイラスト

いつどこで感染するか分からないのが「水虫」です。一緒に住む人からの感染、公衆浴場での感染、真菌やウイルスが感染する時は体の免疫力にも影響されますので、日ごろから注意しておきましょう。

外回りで靴を履きっ放しの人のための水虫治療

仕事で外回りをしているとずっと靴を履きっ放しの人は多いです。でもうっかり水虫になってしまうと、靴の中で蒸れた足がジクジク痛痒くて大変です。水虫は白癬菌という真菌(カビ)で皮膚の角質層に感染・寄生して激しい痒みを引き起こします。厄介なのは皮膚がただれたり剥がれたりする他水疱が出てくることがあります。
外回りの仕事が多いと男女を問わず水虫に悩まされることが増えてきます。それは足の指間に通気性がなく体温の上昇で汗ばんだ後に靴の中から熱が逃げにくいため、蒸れやすくなるからです。意識して何度か靴を脱いでみたり、湿った靴下を取り替えてみる、あるいはウェットティッシュで足の脂を拭き取るなどの工夫も必要です。
水虫治療の原則としてどのタイプの菌なのか特定することから始まります。何より怖いのは、市販薬を塗って痒みが治まった途端に使用を中止することです。これを何度も繰り返してしまうと、白癬菌が薬への耐性をつけてしまいますからいざ皮膚科で水虫治療というときには処方薬が効かなくなります。もし市販薬を使用する場合は最低でも1ヶ月間は使い続けましょう。
本格的に水虫治療を始めたら、まず根気強く治療を続けましょう。同じ水虫でも指と爪の中とでは治療方法が違ってきます。水虫治療には液体タイプや軟膏などの外用薬と飲み薬の内服薬の2種類ありますが併用するかどうかは症状によって違います。また患部がただれてグチュグチュになると炎症止めと白癬菌をやっつける抗真菌薬の二刀流での治療が必要になります。
こうした場合外回りの仕事が多い人は、痛みと痒みの両方に耐えながらの生活となりますから想像を絶する苦しみです。もし爪の中まで水虫になってしまうと水虫治療も困難を極めますからたかが水虫と侮ってはいけません。靴下を洗濯する場合は感染を防ぐため家族の衣類とは別にした方がいいでしょう。何よりもこうなる前に早めの受診をおすすめします。