ウイルス・公衆浴場・水虫のイラスト

いつどこで感染するか分からないのが「水虫」です。一緒に住む人からの感染、公衆浴場での感染、真菌やウイルスが感染する時は体の免疫力にも影響されますので、日ごろから注意しておきましょう。

爪が変色したら注意!水虫は綿の靴下と水虫治療で対処

足の爪を見て、「何となく色が変色している」と感じたら要注意です。
爪が変色している場合、爪水虫に感染している恐れがあります。

足の裏にできるというイメージがある水虫ですが、実は爪にもできるケースがあり、最近は患者数が増えていると言われています。
そもそも、水虫は白癬菌というカビに感染する事で、起こる感染症の1つです。

白癬菌はジメジメとした高温多湿の場所を好みます。
ですので、湿度が上がる靴の中は白癬菌が増殖しやすいのです。
水虫といえばおじさんの病気と考えられてきましたが、蒸れやすいブーツを履く女性が増えた事から、男性・女性関係なく水虫に悩まされる方は少なくありません。

爪水虫の場合、爪が白く変色したり、爪に縦の筋が入る事が多いようです。
白癬菌は乾燥が苦手なので、できるだけ足を蒸れさせない工夫をして、予防する事がお勧めです。
水虫対策に有効と古くから言われているのが、綿の靴下です。

綿は通気性が良い為、靴を履いていても蒸れを軽減してくれます。
ただ、1度爪水虫になってしまうと、綿の靴下で改善はできません。

水虫治療を受けるしか、爪水虫を改善する方法は無いのです。
水虫の市販薬も売っていますが爪は硬い為、塗り薬では有効成分が、爪内部にまで浸透せず白癬菌を除菌できません。
また、市販薬は有効成分の濃度も低い為、確実に水虫を治せるとは言えないのです。

ですので、やはり病院での水虫治療がお勧めとなっています。
爪水虫の場合、抗真菌作用のある内服薬で水虫治療を行います。

爪に白癬菌が感染している場合、改善までに最低でも半年かかると言われています。
治療の効果を感じるまでに時間はかかりますが、しっかり治療を続ける事で、爪水虫を撃退できるでしょう。